意識低い系サラリーマンが米国株と手動トラリピを中心に10年で住宅ローン4000万円完済を目指します

10年でローン4000万返済ブログ

手動トラリピ

為替に何が起きているのかさっぱりわからなくても稼げるのが手動トラリピ

投稿日:

こんにちは、手動トラリピ実践中のゆうさんです。

現在、ドル安になっており、1ドル=106円付近を推移しております。

それにともなって、豪ドルも、1豪ドル=84円付近まで下がってきました。

 

ドル安になっている要因は経済の好調さ

なぜ、経済ショックも無しに、ここまで円高(というかドル安)になっているのでしょうか?

詳しくはわかりませんが、米雇用統計の賃金の上昇率が想定以上で、インフレになる懸念があるからだそうです。

つまり、

経済が好調 → インフレになる(懸念) → ドルの価値が下がる → ドル安

という流れです。

経済が好調なのに逆にドル安になるのがよくわかりませんが、理由がわからなくてもマーケットが実際にそのように動いているのだから認めるしかありませんね。

2018年は、1ドル=100円を試す展開を予想する人もいますが、本当にそうなりそうな気配もあります。

 

超長期的な視点での為替予想

為替については素人ながら、10年以上の長期的な視点では円安ドル高になると予想しています。

なぜなら、日本は、少子高齢化、労働人口減少、赤字国債問題、社会保障問題、など簡単に解決できない問題が山積みで円の価値を維持できないと予想しているからです。

対してアメリカは、米国企業の生産性の高さ、人口ピラミッドが日本より良い、移民受け入れによる労働力、世界の基軸通貨として簡単に価値を失わないはず、などの理由からドルは価値がある程度保たれると考えています。
(もちろん今回のようにインフレで多少価値が落ちていくのでしょうが)

そのため、日本円 vs 米ドル の視点で見ると長期的には円安ドル高になると予想しています。

金利だけ見ても、「マイナス金利の日本」「少しずつでも金利上昇できているアメリカ」ではアメリカ有利と言えるでしょう。

日本は金融緩和の出口戦略すら示せていませんからね^^;

 

2018年はトラリピが儲かりそう

米ドル安の展開から始まった2018年ですが、2018年は手動トラリピが儲かりそうな匂いがプンプンしています。

(手動)トラリピでは為替を予想する必要がまったくありません。

下がったら買って、上がったら売るだけです。

2018年は、このままいくと為替的に波のある展開になりそうなので、少額でも手動トラリピに挑戦されると面白いかもしれませんよ。

例えば、

  • 1ドル=100円で1000通貨買って、1ドル=102円で売る
  • 1ドル=101円で1000通貨買って、1ドル=103円で売る
  • 1ドル=102円で1000通貨買って、1ドル=104円で売る
  • ・・・
  • 1ドル=110円で1000通貨買って、1ドル=112円で売る

の11本で手動トラリピとか面白そうです。

上記の設定なら、30万もあればかなり安全水準で手動トラリピを始められます。

手動トラリピを始めるなら、やっぱりSBI FXTRADEさんがオススメです。

具体的な手動トラリピの設定手順は以下をご覧ください。

合わせて読みたい

手動トラリピに10万円投資。申込から運用の始め方まで解説

ではでは。

-手動トラリピ

Copyright© 10年でローン4000万返済ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.