ジュニアNISA

米国株

児童手当をひたすらジュニアNISAに移しておいたら100万円を超えたよ(具体的な事例)

米国株

SBI証券でジュニアNISAを始めます。児童手当を投資して教育資金を形成