意識低い系サラリーマンが米国株と手動トラリピを中心に10年で住宅ローン4000万円完済を目指します

10年でローン4000万返済ブログ

仮想通貨

仮想通貨はバブルなのか?今から始めるのは遅いのか?を考察

投稿日:

こんにちは、12月中旬から仮想通貨デビューしたゆうさんです。

2017年はビットコインが10万円→200万円になりましたね。

仮想通貨投資してみたいけど、今から買うのはもう遅いんじゃない?

と思われている人もいることでしょう。

そりゃ、10万円→200万円はパッと見バブルですものね。

なので、今回は私なりの考察をまとめておきます。(3年後にドヤ顔するために)

 

「仮想通貨はバブルだ」という人は「人はいつか死ぬよ」と言っているくらい意味のないこと

まず、「仮想通貨はバブルだ」「仮想通貨バブルは弾けるぞ」という意見は無意味だということを覚えておいてください。

時間軸のない無いコメントは「人はいつか死ぬよ」と言っているくらい無意味です。

また、「バブルの中でそれをバブルだとわかる人はいない」ということも覚えておいてください。

どこかの経済学者が言っていたことですが真理だと思います。

バブルとは、実際の価値以上に値段がついて、泡(バブル)のようにふくらんだ状態ですが、仮想通貨の実際の価値は誰もわからないということです。

 

仮想通貨はまだバブルではないんじゃないかと思う根拠

「仮想通貨がバブルなのか?」「バブルはいつ崩壊するのか?」は誰もわからないわけですが、私なりに仮想通貨はまだバブルではないんじゃないかと思う根拠を挙げます。

あなたは以下の質問を受けた時にどう回答しますか?

Q. 3年後、世界で仮想通貨を買う&使う人の数は現在より増えると思いますか?

 

私は、「おそらくYes」だと思っています。

(この設問に「No」だと答える人は仮想通貨なんか買う必要はありません)

 

つまり、仮想通貨市場は拡大すると予想しています。

なので、仮想通貨の主要銘柄に分散投資しておけば市場拡大に伴って勝手に資産増えるだろうという作戦です。

もちろん、将来の市場拡大をマーケットが織り込み済みだとダメなのですが、どうみても今は認識がようやく広がり始めた段階に見えます。

具体的には、

  • 爆発的に新規プレイヤーが増え続けている
  • しかも人口の99%はブロックチェーンが何かさえも知らず、その経済的なインパクトも予想していない
  • 現在、仮想通貨に関連するサービスが急ピッチで作られている
  • 仮想通貨は発展途上で、その利便性をほとんどの人は体感していない
  • 仮想通貨の経済圏が確立していけば仮想通貨市場はまだまだ広がっていくはず

ゆえにまだバブルではないと予想しています。

 

仮想通貨の経済規模

以下のツイートがわかりやすかったので引用させていただきます。

 

グラフにするとこんな感じ。

まだまだ仮想通貨市場は規模小さいですね~

 

ただ、私の理解では、仮想通貨は

  • 金融資産の性質

  • サービスの性質

があると思っているので単純な金融資産との比較はちょっと違うなとは思います。

(サービスの性質とは、インターネットやSNSのような感じ)

ただ、個人的にはゴールド(金地金)より単純に利便性が高いので、ゴールドを超える規模にはなるんじゃないかな~と。

 

仮想通貨投資はパルプンテと同じ。レベル上げ的な投資も大切だよ

とはいえ、仮想通貨投資は歴史が浅すぎてハイリスク・ハイリターンの投資であることは事実です。

ドラクエでいうとパルプンテと同じです。

(何が起こるかわからない魔法)

パルプンテは失敗するとパーティが全滅したりしますが、仮想通貨も同じだと思います。

ですので、仮想通貨への投資は資産の20%程度までにしておくべきだと思いますし、私自身も20%までにしておきます。

残りの80%は、今まで通りレベル上げ的な米国株投資と手動トラリピにあてます。

 

結論。仮想通貨市場はまだまだ広がり続ける方に賭ける!

私は仮想通貨市場はまだまだ拡大し続ける方にBETします!

もしかしたら、ブロックチェーンに重大な問題が見つかってすべてゴミコインになってしまう可能性すらありますが、未来のことは未来になってみないとわからない!

とりあえず、仮想通貨に消極的な人も以下の口座開設くらいはしておくことをオススメしますよ。

ではでは。

-仮想通貨

Copyright© 10年でローン4000万返済ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.