意識低い系サラリーマンが米国株と手動トラリピを中心に10年で住宅ローン4000万円完済を目指します

10年でローン4000万返済ブログ

お金の知識 米国株

日本は世界一の純資産を持つ→日本人総投資家計画

投稿日:

日本って、「資源」も「若い労働力」も「強い政治力」も「軍事力」も無くて、その上、借金だけたくさんあるなんてオワコンだわ~
ゆうさん
まぁ、日本に色々無いのは確かだけど、その代わり日本には世界一の純資産があるよ!

ということで、今回は日本人の金融資産について考えてみます。

 

日本の個人金融資産総額は世界一

突然ですが、日本の個人金融資産総額はいくらぐらいあると思いますか?

 

なんと、「1809兆円」もあります。

(2017年8月18日付の日銀「資金循環の日米比較」レポートより)

 

「1809兆円」というと規模が大き過ぎてどれ程すごいのか想像しにくいですが、

  • 2017年の東証の時価総額は「約643兆円」
  • ニューヨーク取引市場の時価総額は「約2460兆円(22兆ドル)」

なので、日本人は、

  • 日本の株式市場を2.8個分買い占める
  • ニューヨーク取引市場の7割を買い占める

ほどのずば抜けた資金を持っているのです。
(意外と日本人は資産を持っていて驚きました)

 

日米の金融資産への考え方が顕著に分かる資産分布

日本人の凄さを実感したところで、次は日本の個人金融資産の内訳を見てみます。

出典:ガベージニュース

図からもわかるように日本の金融資産の内訳

  • 現金・預金 → 51.5%
  • 債権 → 1.4%
  • 投資信託 → 5.4%
  • 株式・出資金 → 10.0%
  • 保険・年金準備金 → 28.8%
  • その他 → 2.9%

となっています。

金融資産の半分は「現金・預金」で、株式投資はたったの10%しかありません。

米国やユーロと比較するとわかりやすいですが、ちょっと保守的過ぎませんか?

 

提案:今こそ投資大国日本になろう!

我々日本人は、

  • 日本の株式市場を2.8個分買い占める
  • ニューヨーク取引市場の7割を買い占める

ほどの恐ろしい資金を持っているのに、そのほとんどは銀行口座に眠っています。

 

さて、日本をこれからも経済豊かにするために、一つ提案があります。

一人あたり30万円分を米国株へ投資しましょう!

つまり、

  • 日本の個人金融資産1809兆円のうち、たったの36兆円分

を米国株への投資に回すのです。

例えば、アメリカ市場全体への投資にあたるSPYを購入すれば、年間約3%の配当金が期待できます。

合わせて読みたい

日本人にとって最高の投資先「SPY」について徹底分析

 

そうすると、年間1万円程度の配当金が期待できますので、日本全体では1兆円の配当金になります。

これだけで、日本の黒字が1兆円も増えるのです。

ちなみに、2016年度の日本の貿易収支は+4兆円でしたのでバカにできない額になります。

 

ちなみにちなみに、日本人の貯金1809兆円のうち、アメリカのように35%を米国株に投資できれば633兆円になりますので、

  • 633兆円×3%=19兆円

で、毎年19兆円の配当金がもらえて、19兆円の貿易黒字になるのです。

 

今後の日本では、確実に少子高齢化が進み労働人口が減少します。

今こそ、投資大国日本に生まれ変わりましょう!

 

まとめ

日本には、石油も、鉄鉱石も、ダイヤモンドも、若い労働力も、強い政治力も、軍事力もありません。

その代わりに、世界一の資金力があります。

何十年後の将来も先進国であり続けるために、今こそ蓄積から投資へステップアップしましょう。

そのために、まずは一人30万円を米国株へ投資しましょう。

-お金の知識, 米国株

Copyright© 10年でローン4000万返済ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.